スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じぱ。

今さらねー、感想書くのもどうかと思ったんだけど。
ちょっと久々にktkrだったので、思わず。
しかも先週じゃなくて先々週という外れっぷり。だって、ここまで来たらジパは完結してから読みたかったんだ!怖いんだ、展開が!!
完結していれば泣いても笑ってもその結末を神が提示したってことだから受け入れられるんだ!
でも途中の待つ時間が何とも……。
の、くせに先々週は朝買った。買ったり買わなかったりだけど、何となく買っといてよかったー!


今さら隠すのもどうかと思うけど、一応。






すみません、感想なんて偉そうなこと言う割にはその前とか読んでないから(青梅さんが撃たれたとこは見た)ざけんなよ!みたいな感じですが。

この裏腹な気分、どうしたらいいんですか。
青梅さんもおぐりんもお亡くなりになってて、すげーショックだったんですけど。
青梅さんはともかく、おぐりんはごめん、ぶっちゃけ半分以上の確率で他界されてるとは思ってた。だってあの状況でヘリから落ちれば普通は……ねぇ。
判っていても、ショックなことってあるんですね。
それはそれ、これはこれ、みたいな。

でもね、おぐりんスキーの方には申し訳ないけど、その後のたっくんと洋介の会話にショックが吹き飛んだ。
あああああやっぱこの二人やべぇぇぇ!!←動揺
デキてる!絶対デキてる!
デキてなくても、コマとコマの間で親密度深め合っちゃったよコレ!!
電話を取った、たっくんの「懐かしい声だ」にきゅんきゅんキタ!やばい、すっげートキメイタ!違う方でいっつもきゅんきゅんきてんのに、こっちでもきゅんきゅんきたら心臓止まるだろー!死んじゃうがなー!
しかもたっくんの言葉に否定してないし!!なんだ!洋介もラブか!!
洋介の深い愛情を確かに感じながら、でも筋を貫き通そうとするたっくん。互いに血を見ることは明らかなのに、その矜持故に、互いの為に、それを厭うこともなく。

そんな二人の行く末はどこだろう。
あとはもう「みらい」が沈没しないことを祈るのみ…。
あの自爆装置を使って大和を沈めても、洋介は目の前で沈み行こうとするたっくんを助けると思う。
つか、そういう男であってほしい。洋介がね。
何度袂を分かって殺そうと胸に決めても、彼を見捨てることのできない洋介であってほしいのです。
そうするとミッドウェーでのところが生きると思うんだけどなー。←偉そう
つかもうそれは夢なんですけどね!
夢見がち(がちなんて可愛いもんじゃないけど)でもいいじゃないか!

ただ、一つツッコミ。
友情」→「愛情」だろ。←おとといきやがれ



洋介がどんどん私好みの男になっていく……。
内に秘めた、寡黙な男が好きなんだって…!
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Picture Memo
カテゴリー
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。