スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

往年のアニメ

修羅場中、懐かしソングにどっぷりだった。
自分の原点というか、まだリアだった頃のアニメの曲をうっかり聞いちゃったら懐かしさに拍車がかかり、どうにもこうにもならないくらいに懐かしくて。

友人と☆矢鑑賞会を開催してみた。



というわけで、どうにもこうにも語りたくなったので暫くそんなんで書かせてください。

▼一応折りたたみー。





星矢なんてもう遙か昔のこと過ぎて、大まかな設定とかシーンくらいしか覚えてなかったんだけど、見ているうちになんとなく思い出してきた。
一番アニメを見直して知りたかったのは城戸のじいさんがどうしてあちこちでガキをこさえたのか、孫のさおりさんがアテナの生まれ変わりだと知ってたのか、単なる格闘技マニアだったのか、うっかり手に入れちゃった黄金クロスでなんか触発されちゃったのかとかそゆことだった。
見てみて…うん、なんというか、まだ半分も見てない状態(シルバーセイントの所くらい)だが、要するにさおりをアテナにして自分の子供たちをセイントにして守らせて世界を救う…???あれ、違うか。
まぁ、よく判らんが、子供こさえてセイントにするのは計画的だったことが判明したからまぁいいか。


キャラ設定とか、すっごく曖昧だったというかどうでも良かったというかそんなんだったんだと自覚した。
ぶっちゃけ、紫龍があんなお笑いキャラだったとは!!
「ふあぁ!!」って、気合い入れてクロス外すのがめっちゃ笑った。面白すぎる。
他のパーツがはじけ飛ぶのは紫龍さんにとってデフォだというのは知っていたが、メットまでスポーン!!って飛ぶとは…!なんかヅラがぽーん!って飛ぶみたいだ。
見た目わりと好きだったんだけど、見直したら違う意味で好きなキャラ。星矢とお笑いコンビを是非にも組んで頂きたい感じ(笑)。
ちょっとBL要素満載だが…。

やっぱどんだけ時を経ても苦手なのは瞬。
そのおなご座りはやめれ…!とか思ったが、実は黒でした、っていうなら萌え。瞬一輝でいいと思う。←えええ

氷河は昔から本命で受けだったんだが、流石にこれだけ歳月も過ぎて幾ら何でも自分マーマとかいうマザコン男を好きになるはずが!とか思ったのにやっぱり好きだった。氷河ラブ。ちくしょう!←?
博白鳥の舞とかもう色々そりゃねーよ!って突っ込んだが、それでもやっぱり氷河なんだよな。
つか、当時水晶セイント(氷河の師匠)の回の時は見れなかった苦い記憶があるが、改めてちゃんと見て「なんじゃこりゃあああ萌えじゃねーかぁぁぁああ!!」っていう…。
原作ではなかったキャラだったんだよな…。でもわりと好きな感じの人だ。とか、小さい氷河がめちゃ可愛いとかなんとか。
原作のカミュと氷河もすげーいいんですが。


思ったより、一輝があっさりで戻ってきて「あれ?」ってな感じ。
暗黒セイントとの死闘の後、新たな刺客との戦いで死んだと思われていた兄さんが哀れ。
仲間に加わった時に氷河に「クロス返せ」とか手を出され、「勝手にお前らが墓作ったんだろーが!」っていうやり取りを、涙の再会の後にあったんじゃないかと。
しかしまぁ一輝受け今でも大丈夫そうな…自分。当時一輝氷河も好きだった。


あああ早く黄金セイント出ないかな!
早くカミュとかミロとか見たいなー!
んで関係ないけど思わず落書き。


hyouga.jpg


車田キャラの困るところは、髪の毛の流れが全然判らん…。
特に星矢とか髪の毛逆立ち系は全然判らん…。
氷河は思ったよりも熱い男だった。台詞回しが劇でもしているような。
確か原作の方がもっとクールな感じだったはずなのに、アニメでは普通に熱い。そんなところも可愛いんだが…クロスはやっぱりおまるだったよ!なんか久いぶりに車田クオリティに浸った。
明日も見るんだぜ!


そういえば、曲と言えば天馬幻想とかそりゃもう大好きで、カラオケで歌いたくなるほどだったが自分星矢の中で一番好きだたのが「TIME」って曲だった。
あの曲はマジで神だ。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Picture Memo
カテゴリー
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。