スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思いついた。

ネタバレ的なアレなんで折りたたむ。
といっても、大した話じゃないんだが…。

ジパの最終回の話です。






▼バッチコーイって方はドゾ。






私が気付かなかっただけなんだが。
かつての面子が変わった未来の「みらい」に乗ったわけですよね。
誰が副官になったのか、非常に気になるんですが…。
だって一人足りないわけでしょ?
誰が洋介の代わりになったのかが気になるじゃないですか。人数的には変わんないはずだし…。


自分的妄想では、副官の座に草加だったらと思ったわけです。
主人公の片割れ的存在だった草加の最期が曖昧で、しかも戦後のアメリカでも語り草になってるわけじゃないですか。
だからっていうわけじゃないんですが…。

でもこれだとてんてーの言いたかったパラドックスから外れちゃうんだよな。
それがはっきりと判るわけではない何かの摂理に反することは判っているんだが、もし、何かまかり間違ってその時代に生きていたはずの草加が生まれ変わって未来に、という話になったら…きっと洋介は何とか堪えた衝動を抑えきれなくなってしまうんじゃないだろうかとか。
自分がかつていた場所に草加がいる。
何で?どうしてなんだ?!と動揺と言葉にならない激しい衝動に突き動かされるんじゃないかと。


うーん、単なる萌えだなこれは…(笑)。
すみません、戯言を言いました。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Picture Memo
カテゴリー
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。