スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

説十八 漂泊者の楽園

あー、奇士の話は難しくて、飲み込むのに一晩かかります。
……つーのは嘘で、昨夜はものすごく体調が悪く、腹痛と微妙な熱のお陰で早寝してました。

忘れてないことを祈りつつ。


・駕籠の中、鳥居かと思ったら長崎屋も仰天。出てきたのは放三郎だった。最近体張ってます。色々思うところがあるのだろう。

・米吉ゲット。これ本来なら拷問だよな。でもそこまで悪人じゃないのでやらんだろうけど。

・異界で歪むニナイが怖ぇぇ。アビがホントに不憫になってきた。漢神も出ないし色んなことに一同ボーゼン。

・江戸元屋敷壊してます。アビといい、人様の屋敷を(笑)!この漢っぷりが大好きだ。

・鳥居様久しぶりー!日光参詣は如何でしたか(笑)?なんかちょっと嬉しかったのは何故?

・遊部がソテの子供らしい。そりゃなんと声をかけていいのか。江戸元とかドン引きだろうな。そう考えればソテさん自身、人間に描かれてない気がする。

・放三郎宅で会議中。ニナイと妖夷の子供がアレ?!結構衝撃的。「飼っちゃおうか」発言した江戸元に怒る放三郎。駄目だよー、この人に戯言は通じないんだから。「夕べ往さんとシちゃった」なんて言ったら一気にヒートアップして「そこへなおれェェ!!」って目血走らせちゃうよ。冗談だと理解してもらうまでに時間がかかりそう。

・憧れのお姉さまが子供産んだ発言に大ショックなアビ。妖夷と交わった気分はどうかと問うアビに、往ちゃん苦笑しか出ません。朴訥さは彼の美徳だが、聞いていいことと悪いことの区別をつけねば嫌われちゃうよ!セックスした時の気分ってどんなの?って聞くのと大差ないよ、それじゃ(笑)。

・久しぶりに奇士らしい姿の江戸元。やっぱ貴方は銃器が似合う(笑)。今度自慢のマグナムを拝見したい。

・放三郎意外に強い(笑)。そしてやはり割り切れない所が青臭くておもしろ……じゃなくて、新鮮だ。

・「俺は選ばれた人間だ!」と叫ぶ長崎屋。何処の時代にもいるね、こういう妙に神がかった人。ある意味新興宗教にハマっちゃった人みたい。とうとうそのままかぶりついた後ろに妖夷が!「きーさーまー、俺の子供に何すんじゃワレェェ!」って気迫が。子供を手にかけたときの獣は怖いですよ。というか、あの妖夷が長崎屋を殺すってことは、ニナイ自身が長崎屋を切ったってことだよね。

・やはりラスボスはニナイ。異界の中で山の民の、逃げ回るのは嫌だと言った彼女の気持ちは判る。逃げ回ったって逃げる場所なんてないんだけどね。どこの世界も辛いものです。

・異界にいるには妖夷と交わらなければならないという台詞。やっぱりな、という気分だ。何のリスクもなしに煌びやかな世界にはいられないよな。うわー、こんな形で萌えをもらえるとは!妄想設定がオフィシャルだったとは!

・「すみません、姉さん。俺、この人に惚れちゃったから」と往ちゃんを紹介してくれたらいい。←何言ってんの
想いを振り切ってとどめを刺すアビに漢を見た。やはり初恋より今の恋なのだろうか(笑)。ニナイ的に萌えツボだったらいいなぁ。

・アビの中から漢神を引き出す往さん。このタイミングでこれ!男心を擽るのが上手すぎだよ、この人!!天然でやってるならすげぇ!

・追われ、はぐれた者たちの末裔が山の民。妙に納得。

・山の民と別れたアビ。「それでもお前はいつまでも山の民だ」と慰める往さんに萌え。いつまで経っても浮民往さんには眩しいに違いない。しかしそう思ってるのは往さんだけで、アビの中では往さんの存在が大きいのだろう、と萌え。

・お姉さんの件も片付いたし、と横目で見る江戸元。ライバルが一人減る、という眼差しだ(笑)。多分放三郎も腹の底では思ってる。ここは修羅場ですよ、アビ!いいのか、ほんとに!

・また流れていく感じのマスラオ。行かないでぇぇぇ。貴方美味しいんだから!!←マテ


今回も江戸元にキュンキュンきたよ!勿論放三郎にもかなりキタ。
気づくと往ちゃんの直ぐ後ろとかに居るのがイイ!!萌えー!!
 
しかし、このアニメはものすごくスケールのでかい話じゃなかろうか。勝手な想像だけど、妖夷は実はヒルコという括りで、ヒルコとくればイザナミ、イザナギの二柱の神がどうのって話になって……。ヒルコという括りだと妙に納得いくんだよね。異界に妖夷がいられないという理由も納得できる。
そうじゃないと今までの伏線が意味ない気がするんだが……深読みしすぎか。

来週の何処に萌えをもっていったらいいのか。
ちびっ子歳に萌えたらいいのか、往さんに萌えたらいいのか。
うおぉ、ちびっ子歳~~!!!

OPの歌を聴いて、ほんとに往は旅がらすだよな、と思う。
言い得て妙だ。
放三郎以外はみんな旅がらすっぽいが、やっぱ気持ちの上でも生き様も旅がらすだ。それを寂しいと思えないのか思わないのか。
そんで夜の王様という歌詞に萌え。
往が夜の王様なら、江戸元は帝王だよね。
どっちも夜の住人には変わりないが、帝王と王様で仲良くしてくれ!

今回はおまけ漫画とかなし。
すみません、忙しいです……(涙)。
語ったらスッキリしちゃった(笑)。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Picture Memo
カテゴリー
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。